この記事を書いているのはこんな人

  • 年間食べ歩き230軒以上!
  • 通販で取り寄せたラーメン80種以上!
  • 累計アクセス140,000以上!

詳しくはプロフィールへ!

カレー 日本橋馬喰町

【馬喰町・カレー《ダクシン》】とんがり帽子のパリパリクレープ!ドーサの喜劇!

2020年1月20日

店舗情報&リンク

DAKSHIN(ダクシン) 東日本橋店

電話番号 03-3249-9155
所在地 東京都中央区日本橋馬喰町1-12-1
営業時間 【月~金】
11:00 ~ 23:00 (L.O 22:00)
※ランチメニューのご提供は17時までとさせていただきます。

【土日祝日】
ランチタイム 11:00 ~ 15:00 (L,O 14:30)
ディナータイム 17:00 ~ 22:00 (L.O 21:00)
※祝日はランチメニューのご用意はございません。
アラカルトメニューのみのご提供となりますのでご了承ください。
定休日
最寄駅 JR総武線「馬喰町駅」5番出口 徒歩約1分(5番出口左、また左)
都営新宿線「馬喰横山駅」A1番出口 徒歩約2分
都営浅草線「東日本橋駅」A1番出口 徒歩約2分

JR総武線「浅草橋駅」東口 徒歩約4分
都営浅草線「浅草橋駅」A2番出口 徒歩約4分
東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」1番出口 徒歩約5分
駐車場 無(近くにコインパーキンあり)

 

この記事はこんな人にオススメ!

馬喰町でカレーランチを探している!

ルックス的にも変わったものがいい!

『DAKSHIN』ってどんなお店?

 

 

ドーサランチ1180円

DAKSHIN(ダクシン)

行ってみた感想

セットによって『サンバル』もお替わりできるのが嬉しい!

料理はどれも美味しい

3階席まであり、最上階は気持ちよさそう

 

こんにちは、わとです!

今日も美味いもの日和ですね!

本日はこちら!

ダクシン】さんにお邪魔しました!

東日本橋店と八重洲店の2店舗を展開している様です。

※ダクシンHP

店名の『ダクシン』はサンスクリット語で『南』という意味だそうです。

5つ星のシェフが作る』とあって、

おっ! っとなったんですが、HPを見ると『5つ星ホテルに勤務していたコックさんが働いている』という意味な様です。

レストランのみで5つ星を持ってる店舗ってあるんだろうか…?

ナンにせよ、楽しみに伺いたいと思います!

時刻は14時頃です! それでは、いってみましょう!

店内の様子

こちらが1階席。

主に少人数用のテーブル席の様です。

ガネーシャ像が飾ってあります。

インド系の料理店に行くと必ずあるイメージ。

たくさんのスパイスやハーブが並んでいます。

実際に使っているものかどうかはわかりませんが、

心強い装備です。

こちらは2階席。

テーブルは1階席と同じですが、

団体にも対応できる様、配置されています。

こちら3階席。

日差しが良く入って、とても気持ち良さそうでした!

奥はソファ席になっており、

パーティールーム的な使い方もできそうですね。

メニュー

こちらランチメニュー。

ライスやナンだけでなく『バトゥラ』や『ブーリ』も選べるセットなど、

目を引くものが多かったです。

しかし、一目見たときから決めてました!

B ドーサセット】さん! よろしくお願いします!

ライスがお替わりできる事は書いてありました。

しかし! サンバルもお替わりできるとのこと!

聞いてみるもんだぜ!

カレーは日替わりの中から選ぶそうです。

中辛の【サグ・チキン(ほうれん草ベースのチキンカレー)】をチョイス!


その他のメニュー


外の壁に出ていたメニューの一部。

カレーやチキンなど、インドを感じる料理が並びます。

 

 

残念ながらグランドメニューは撮らせてもらえなかったので、

HPでご確認ください! ※メニューページ

B ドーサセット

8分ほどで到着

おお! なんだ! ヒマラヤか!

全く前知識なしで頼んだので、

構造も中身もわからない!

だから面白い!

それでは、いただきます!

サグ・チキン(ほうれん草ベースのチキンカレー)

大きなチキンが2つ入ったほうれん草カレー。

中辛と言えども、ほうれん草がマイルドにしてくれてるので、

辛さはほとんど感じません。

日本のカレーとも合うよねほうれん草。

優しい味のマイルドカレー

サンバル

サンバルとは、豆と野菜をスパイスで煮込むスープである!

…ってそれはもうカレーじゃん!

事実、感覚的にはカレーです。

インドだとスープ扱いだからお替わり出来るってことなのかな?

日本で言う『味噌汁お替わり無料』みたいなことなのかな。

いや、こんなに大きなナスが入ってだよ?

ご飯をススませる力も半端ないのにだよ?

お得すぎるだろ!

ドーサ

この大きなとんがりコーンにどう挑むべきか…

ええい! ままよ!

カツン! グニャッ!

…あれ? パリパリで上から割っていく想定をしてたのだけどなんか違う…

一皮剥いでみればもう一皮!

なんじゃこりゃ! マトリョーシカか!

 

ドーサとは米と豆から作られたクレープみたいなものなのだそうです。

棒状に巻くこともある様ですが、このお店は山形に巻いていたんですね。

クレープの帽子の下には、ジャガイモのスパイシー炒め。

これをのせて食べるも良し。

カレーにつけたって良し。

もちろんそのまま食べたって良し。

ナンの代わりの様な存在ですが、

なんとは違った味わいがあります。

米と豆だからなのか香ばしさが強いですね、チーズでも入ってるのかと思ったくらい。


【set】1300円ポッキリお試しインドカレー&ナンセット

ココナッツチャトニ&サラダ

ココナッツのペースト…がココナッツチャトニなのよ。ココナッツって甘いじゃん? デザートの代わりかな? って思うじゃん?

後味が辛いなんて思わないじゃん! びっくり! 油断して多分余計辛く感じたよ。

いや、わかってれば美味しいのよ。結局これもカレーやんけ!

シーザードレッシングのサラダ。シャキシャキ野菜は唯一スパイシーでない存在。

たまに帰ってくるといいよ…

のっけ飯

カレーの2色丼〜ドーサを添えて〜

でございます…

お替わりしたサンバルには大根が入ってました…そこが知れねえぜ

ライスがちょいとベチャってたので、

カレー向きじゃないかなと思いました(多分日本米)

まあ、カレーをかけちゃえば何でも美味しいけどね!

ごちそうさまでした!

ご飯もお替わりして満足です!

カレーを食べるとき『ドーサ』と言う新しい選択肢が生まれちゃいましたね!

皆さんも良い食事を!

日本最古のカレーはカエルカレー?

日本で初めて家庭向けにカレーのレシピが発表されたのが、明治5年発刊の「西洋料理指南」

ここで紹介されたカレーにはカエルの肉が使われていたそうです。

なぜ日本初期のカレーにカエルが使われていたのかというと、食材として使われていた雨蛙が手軽に手に入れられたことが由来になっているそうです。

また、当時は西洋の文化である豚や牛を食べる文化があまり日本に根付いていなかったため、この2つの理由が重なってカエルが採用されることになりました。

ちなみにカエルの肉は鶏肉に似ていて、さっぱりとして食べやすいそうです。

出典:雑学.com

今ではむしろ珍しい食材のカエルですが、

昔は手に入ったんですね。

『食糧難で昆虫を食べる様何なる』なんて説もありますし、

カエルを食べるのが当たり前になる日が来るかも知れませんね。

関連記事

-カレー, 日本橋馬喰町
-, , ,

Copyright© ご飯にのせたい8万のもの , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.