この記事を書いているのはこんな人

  • 年間食べ歩き230軒以上!
  • 通販で取り寄せたラーメン150種以上!
  • 累計アクセス320,000以上!

詳しくはプロフィールへ!

醤油ラーメン

徳島ラーメン茶系【春陽軒】は美味い?まずい?通販で取り寄せてレビュー!

徳島県徳島市にある【春陽軒】は徳島ラーメンで有名なお店です。

徳島ラーメンは、豚骨と醤油のバランスによって『茶系』『黄系』『白系』の3種類に分かれます。【春陽軒】はその中でも『茶系=徳島系』の名店として人気を博しています。

徳島ラーメンはその名の通り徳島のご当地ラーメンですが、誰もが気軽に徳島まで行けるわけではありません。そんな時に重宝するのが通信販売です。

楽天市場では【春陽軒】の徳島ラーメンを通販する事ができます。

今回は通販した【春陽軒】のラーメンがどの様なクオリティなのかレビューしていきたいと思います。

どうぞ最後までご覧ください!

徳島ラーメン【春陽軒】ってどんなお店?

出典:https://tabelog.com/imgview/original?id=r50352149707218

徳島を代表する人気店【春陽軒】は平成5年に開業し、そこから2代に渡り味が受け継がれています。

豚骨・鶏ガラを丁寧に下処理し長時間煮込んで作り上げるスープは、徳島ラーメンの王道ともいえる”甘辛”の濃いスープに仕上がります。

その人気は『ラーメンWalker四国2017《徳島総合部門》1位』に輝いたことからも伺えます。スープ切れで売り切れになってしまうことも珍しくないので、連日お客様の行列が絶えないのだとか。

徳島ラーメンの代表格として味を守り抜いています。

中華そば 春陽軒

中華そば 小(500円)

電話番号 088-632-9818
所在地 徳島県徳島市南田宮4-4
営業時間 [火~日]
11:00~14:00(売切れ次第終了)
定休日 月曜
アクセス

JR佐古駅から高徳線高架沿いを西に約700m(徒歩7~8分)
・徳島市営バス 循環バスに乗車 城北高校前下車 高架沿いの道を南下 徒歩5分

公式

通販で取り寄せた【春陽軒】の概要

徳島ラーメン【春陽軒】はAmazonや楽天通販で販売しています。

今回は楽天で取り寄せています。

名称 生中華麺
価格 999円 税込(1食 333円)
内容量 468g(めん100g・スープ56g)×3
賞味期限 2ヶ月程度

箱の中には麺とスープが3つずつ入っています。個包装されている麺に一つずつ乾燥防止剤が入っています。

麺とスープです。商品の説明には中細麺と記載されていました。

側面はこの様になっています。

通販で取り寄せた【春陽軒】の作り方

3行程。調理時間は5分ほどです。

  1. 沸騰したタップリのお湯に麺を入れ約2分間(お好みの固さまで)麺をほぐしながらゆでて下さい。
  2. 添付のスープを少し温めて中の脂分を溶かします。それを丼に入れ250ccのお湯を注ぎ、ラーメンスープを作っておきます。
  3. ゆでた麺はよく湯切りし、丼にうつし、軽くほぐした後、ネギ、めんま、生卵、チャーシュー、もやしなどお好みの具を盛り付けて出来上がりです。

●美味しい作り方のコツ!

あらかじめ丼はお湯を入れるなどして、温めておきます。また、液体スープも袋のままお湯につけて、よく温めておきます。(袋のまま、鍋で温めないでください。)

通販で取り寄せた【春陽軒】アレンジ

徳島ラーメン茶系の特徴といえば、チャーシューの代わりの豚バラ煮込みです。

今回はその作り方をご紹介したいと思います。

豚バラ 200g
★醤油 20cc
★みりん 10cc
★日本酒 10cc
★砂糖 5g
鷹の爪 適量

作り方

  1. ★をフライパンで煮詰める
  2. 砂糖が溶けたら豚肉とを投入
  3. 豚肉に火が通ったら鷹の爪を入れる
  4. 全体に調味料が浸透し、豚バラに照りが出てきたら完成

元々入っていたものだけで作ったのがこちら!

豚バラ煮込み 100g
メンマ 10g
生卵 1個
もやし 20g
青ネギ 5g

その他おすすめトッピング:ゴマ・味玉 など

パッケージの写真などに従ってトッピングをしたのがこちら!

豚バラ煮込みと生卵が入ると、かなり徳島ラーメンっぽくなりますね!

それでは、実食に移りたいと思います!

通販で取り寄せた【春陽軒】実食

かなり醤油が前面に出た豚骨醤油スープです。豚骨は奥の方に潜んであんまり影を見せません。醤油の塩分はそれほど高くないのですが、醤油感が強いです。塩分ではない醤油の存在感がすごいですね。

油分も高くないので、やはり一番主張しているのは醤油です。実店舗は”甘辛”スープらしいのですが、辛さはあんまり感じないですね。甘みもほのかに感じる程度です。

醤油ダレの力強さは感じることが出来ました。

中細ストレート麺がとてもスープを吸います! 茹で上げたときは真っ白だったのに…しっかりと茶色に色づきましたなぁ…。

スープを吸っているので、麺自体の味はあんまりしません。サクッと切れる歯応えだけ感じます。麺自体は主張しないスープを運ぶ役割を果たしています。

徳島ラーメン名物黄身くぐり!(今、命名)

まろやかな黄身を潜らせ、醤油スープと馴染ませると良い感じになりますよ〜。卵はどう使っても良いですね〜。

豚バラ煮込みは醤油スープとの対比でかなり良いアクセントになってました。醤油スープが甘辛出なかった分を豚バラ煮込みで補完してくれてましたね。

なんなら、もう少し醤油と砂糖を足して強い味にしておいても良かったかもしれません。やはり、徳島ラーメンになくてはならないのが豚バラ煮込みです!

通販で取り寄せた【春陽軒】まとめ

ごちそうさまでした!

【春陽軒】の徳島ラーメンは醤油が強い一杯でした!

実店舗は”甘辛”スープと評されているので、本物とはちょっと違うのかもしれません。それを『まずい』と受け止めず『こういうものか』と楽しむことが出来るなら取り寄せるもの良いかと思います。

タイプ別評価

あっさり         こってり
薄味         濃味
細麺         太麺

関連記事

-醤油ラーメン
-, , ,

Copyright© ご飯にのせたい8万のもの , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.