カルメシ 島本 明太子

【島本】《オリジナル辛子明太子》の徹底レビュー!料理レシピも紹介!

今回紹介する【島本】は昭和51年創業の食品メーカーです。

辛子明太子を中心にこだわりを持って取り組んでおり、商品の種類も多岐に渡っています。

今回は【島本】の主役ともいえる《オリジナル辛子明太子》の実食レビューをお届けします!

さらに《オリジナル辛子明太子》を使ったレシピも紹介しますので、どうぞ最後までご覧ください!

オリジナル辛子明太子【島本】ってどんなお店?

出典:https://www.simamoto.co.jp/company/

辛子明太子を中心とした食品メーカー【島本】は昭和51年(1976年)創業の老舗です。以来、国産のたらこを伝統の製法で作り続けています。

【島本】の辛子明太子の特徴は以下の通りです。

特徴①優しい味の明太子

島本の辛子明太子はひとことで言えば優しいお味。辛子明太子の素材となるスケトウダラの卵の旨みと食感を最大限に生かした、素朴なありのままのお味が自慢です。もしかすると、皆様の辛子明太子に対する印象が変わってしまうかもしれません。

出典:島本HP

特徴②漬けダレ

稀少な北海道産スケトウダラの原卵を、焼酎ベースの漬けダレにじっくりと漬込み熟成させました。程よい辛さと素材の良さをいかしたシンプルな味付けは、初めてての方にも自信を持っておすすめできる、自慢の辛子明太子です。

出典:島本HP

辛子明太子でありながら、旨さの根幹を塩味にも辛味にも頼らず素材を最大限に生かすのが島本流です。その強みを最大限に引き出すため、焼酎ベースの漬けダレにたどり着きました。

”たらこ”の旨味を最も味わえる《辛子明太子》なのです!

【島本】《オリジナル辛子明太子》概要

【島本】の《オリジナル辛子明太子》は冷蔵で送られてきます。保存方法も冷蔵です。

パッケージには昔の博多の地図が載ってます。が、現在の博多も知らないのでちんぷんかんぷんです。博多旅行する時にこれを頼りにしたら、多分、迷います。(そりゃそう)

価格 2,160円
内容量 160g
賞味期限 冷蔵15日/冷凍2ヶ月
原材料

すけとうだらの卵巣(北海道産)、焼酎、食塩、本みりん、昆布エキス、唐辛子、米酢、魚醤、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、ナイアシン、発色剤(亜硝酸Na)

地図の包装紙を剥がすと箱に入っています。

箱の中はこんな感じ。

取り出すとこうなります!う〜ん、いいツヤ!着色料が使われていないとあって、たらこ本来のピンク色を保っています。

漬け込みダレはそれほど入っていませんが、辛子明太子にはしっかり漬け込まれています。

160gで4本なので、1本40gくらいですかね。でっかい!

粒がものすごくしっかりしてます!潰れているのが見当たらないくらい一粒ずつが立ってる!

さすが厳選された”たらこ”だなぁ〜!

それでは先ず、こいつとご飯でいただいてみたいと思います!

【島本】《オリジナル辛子明太子》はご飯と合うのか?

明太子なんですから、ご飯に合わないなんてことはないのですが…。問題は《オリジナル辛子明太子》が!どの様に!ご飯に合うか!なのですよ!

焼酎ベースの漬けダレで、優しい味を目指したという、この明太子。

それでは、いただきます!

おお!確かに優しい! 塩味も辛味も控えめでありながら、芳醇な魚卵の味わいで旨味が足りないなんてことはありません!

そして、辛味は控えめながら、後からピリリと来るタイプ。《辛子明太子》である、ということも忘れてませんよ〜!

そして…しっかり味わうと、奥の方にお酒が隠れていることがわかります! これが焼酎ベースの漬けダレか!


そして特筆すべきは、やっぱりこの粒立ちですね! 噛んで潰れていく時のプチプチ感がたまりませんよ〜!

今まで食べてきた明太子の中でもトップクラスの粒立ちです!

明太子にとっては旨味と同じくらい食感も大事!この明太子は文句なく食感がいいです!

塩味と辛味が抑えめなので、ドンドンご飯をススませる感じではないですが、相性はいいです!

魚卵の旨味たっぷりの素材を楽しむ明太子ですな!

【島本】《オリジナル辛子明太子》で”チーズ厚揚げ焼”

写真①

写真②

この料理で使ったもの 大体です。参考程度にしてください。
厚揚げ 150g×2
《オリジナル辛子明太子》 1と1/2腹
ピザ用チーズ 80g
オリーブオイル 適量
万能ネギ 適量
生姜 適量
茗荷 適量

作り方

  1. 厚揚げを半分に切り、さらに側面に切り込みを入れ、ポケットを作る(写真①参照)ポケットに粒出しした《オリジナル辛子明太子》を入れる
  2. 1を耐熱皿に入れ、ピザ用チーズを散らし、オリーブオイルをかける(写真②参照)
  3. トースター(1000w)で6分焼く
  4. 万能ネギ・生姜・茗荷を散らして完成!

わと
☆生姜はチューブでも全然構わないよ! 和風の薬味はほとんど合うと思うよ!(わさびとか)

☆味が足りない場合は焼く前にマヨネーズや醤油をかけるといいよ!明太子の量を増やしても可だよ!

…《オリジナル辛子明太子》がほとんど隠れてしまった(笑)

まあ、味的には問題ないはず!それではいただきます!

こんがり焼けたチーズに、加熱された明太子! 明太子は加熱されるとまた違った味の側面を見せてくれるよね。

魚卵の旨味は相変わらず強く、焼かれたことで一粒一粒が強くなっている感じです。潰れていくプチプチ感は無くなりますが、粒立ちの良さはなくなりませんね〜!

そして、明太子とチーズの相性の良さは言うまでもなく、厚揚げがこの2つをまろやかに包み込んでくれてます!

見た目完全におつまみですが、ご飯のお供としても行けますよ!

【島本】《オリジナル辛子明太子》まとめ

《オリジナル辛子明太子》のレビューとレシピをお届けしました。

粒立ちがピカイチですね!プチプチとたまらない食感で噛むのが楽しくなります!魚卵の旨味が強く、塩味・辛味が控えめな上品さを持っています。”優しいお味”の看板に偽りはないと思います!

ちょっとした贅沢にで取り寄せてもいいし、贈り物にしても恥ずかしくない明太子です!

【島本】の《オリジナル辛子明太子》は明太子の旨さを知るための明太子!

ブログ100日連続更新 83/100

新鮮な国産たらこを厳選!島本の辛子明太子

関連記事

-カルメシ, 島本, 明太子
-,

Copyright© ご飯にのせたい8万のもの , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.